MOTO バックパック





MOTO バックパック

MOTOは、日本ではじめて県無形文化保持者として認定されたレザーアーティストに創業されたブランドです。現在は息子たちに引き継がれて、ファクトリーブランドとして活動しています。

半世紀の間に培ってきた技術力とアートを融合したものづくりは温かみを感じさせます。できるだけナチュラルな状態の素材を選んで造られており、雰囲気は抜群。

今回のバックパックも、ソフトな質感でありながら頑丈な革質で、表面にある細かいシボが特徴的なゴートレザーを使っています。フルベジタブルタンニン鞣しの染料染め仕上げで、天然革本来の風合いを損なわずにツヤ感とシボ感がミックスされたものになっています。ショルダーベルト部分もゴートレザーを使っていて、肩にストレスがないように改良されいます。

内装には軽くて丈夫なコットンを使用。大きめのジップ付きポケットと小ポケットが小物の収納に便利です。

とにかく、この革の素材感が最大の魅力で、さらに使い込む内にエイジングが進んで、スモークチャコールの色合いから次第に茶芯が出てきて、部分的に茶芯がでるとブラウンとグレーがミックスされたような色味になっていきます。

MOTO(モト)は、1971年に創業したオーダーメイド中心のレザーブランドLEATHERARTS & CRAFTS MOTOが母体になって、創業者の息子たちによってファクトリーブランドとして発展してきたものです。創業者はレザーアーティストとして日本で初めて県無形文化財保持者として認定されたそうで、その技術を継承しつつも、後継者たちはフィレンツェで学んだ彫金技術や、アカデミックな彫刻を学んだ経験を活かして、伝統と革新をテーマにプロダクトを発信しています。

モーターサイクルカルチャー、ミリタリー、ネイティブアメリカンなどをテーマに製品づくりをしています。




職人の手の温もりを感じることができるレザーブランド 【moto (モト)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました